簡単プチ断食が成功する4つの秘密

無理な食事制限によるダイエットは肌荒れや体調不良の元となり、そのうえ必ずといって良い程リバウンドしてしまいます。しかし、同じ食事制限でも健康志向の人からも注目されているファスティング(プチ断食)なら、太りにくくて健康的な体を作りながらダイエットできるんです!最高ですよね。

今日は、プチ断食で得られる4つの効果について紹介したいと思います。

リバウンドしたくない方、必見です!

効果その1 腸内環境がリセットされる

実は、とんかつや焼肉、ステーキなど胃もたれする食べ物は胃腸に負荷をかけてしまいます。また、寝る前にがっつり食事をとるのも消化不良の原因になり、胃腸によくありません。

消化不良をおこすと、胃で消化しきれなかった食べものが腸に溜まってしまいます。乱れた食生活を続けていると、気付かぬうちに、腸の中が汚れてしまうのです。

消化できずに腸に溜まった食べ物は、栄養として吸収できないため、そのまま腸内で腐敗し、悪玉菌を増殖させてしまいます。悪玉菌とは、腸内細菌のうち体に悪い影響を及ぼす菌の総称で、体内で腐敗臭のするガスを発生させたり、発ガン性物質を生み出したりします。

悪玉菌が増えると、便の調子が悪くなります。特に便秘になった場合は、悪玉菌を大量に含む便が長く大腸に留まるので、大腸から有害物質がたくさん吸収されてしまいます。吸収された有害物質は血液を通して全身に送られ、ありとあらゆる病気を引き起こす原因となります。

そこでプチ断食をしてみましょう。すると、食べる量を減らし胃腸を空にするので、胃や腸を休ませる事ができます。消化させる食べ物もないので、消化不良を起こすこともないし、悪玉菌も栄養を取れないのでぐんぐん減らす事ができます。

悪玉菌を減らすと、ビフィズス菌やなどの善玉菌が増え、腸内環境を整えてくれます。

効果その2 代謝酵素を増やして基礎代謝量UP

体内で作られる潜在酵素は、食べ物を小さく分解し栄養として消化・吸収するはたらきを助ける消化酵素とその栄養をエネルギーとして体を動かすはたらきを促進させる代謝酵素に分けられます。必要に応じて消化酵素、代謝酵素の順に作られますが、潜在酵素の全体量はだいたい決まっていると言われています。

つまり、消化酵素が多く必要になると、代謝酵素の数は必然的に減ってしまうのです。

暴飲暴食や乱れた食生活を続けると、消化酵素を多く作らなくてはいけなくなるので、代謝酵素の割合が下がってしまいます。

基礎代謝量をアップさせる事が痩せやすい体作りへの第一歩なのは有名ですよね。基礎代謝量が高まれば、脂肪の燃焼がしやすくなるので、少しの有酸素運動でも効果がでやすくなります。

そこで、プチ断食の出番です!!

プチ断食をすることで、消化酵素を節約し、代謝酵素をバンバン増やす事ができます。そうすると、基礎代謝量が高まるので、どんどん痩せやすい体になっていきます。また、代謝酵素が増えると免疫力も高まるので、風邪にも強い健康的な体をゲットできます。

効果その3 便秘解消!デトックス効果

慢性的な消化不良や便秘などが原因で大腸に溜まってしまった老廃物は血液やリンパ液に流れ込み、体中の細胞を侵食します。

血液に入り込んだ老廃物は血液内の白血球を増やしてしまうので、血液をドロドロにし、血管を傷付けます。また、血液の流れも悪くなるので、冷えや頭痛を引き起こします。

しかし、プチ断食によって腸内環境が整うと、大腸もからっぽになるので老廃物が減少します。すると、血液中の老廃物の濃度も下がり、全身に溜まってしまった老廃物も徐々に流れ出し、浄化されるのです。

つまり、プチ断食で便秘を解消する事でデトックス効果がえられるのです。

毒素が排除されると肌質も改善しますし、血液がサラサラになることで、脳梗塞や心筋梗塞の予防もバッチリです。美容面でも健康面でも良い事尽くしですね!

プチ断食と脳のはたらき

プチ断食の後、なんだか頭がスッキリして作業効率が高まったと感じる人が多いという話はよく聞きますが、実際にプチ断食で集中力や記憶力が高まるという調査結果もあります。

プチ断食によって、血液がサラサラになると血流が良くなり、栄養分や酸素をくまなく全身に運ぶ事ができるようになります。そして、新鮮な酸素を多く含んだ血液が頭に流れると、脳のはたらきが活性化されるのです。

仕事ができる人に少食が多いと言われるのも同じ理由かもしれませんね。

効果その4 摂取<消費でダイエット成功!?

当たり前の事ですが、日々の摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、余った栄養は、脂肪として蓄積されます。

摂取カロリーは言葉の通り、口から摂取したカロリーの事を言い、消費カロリーは呼吸や心臓などの生命活動を維持するために消費するエネルギーである基礎代謝と、日々の生活や運動で消費するカロリーの合計を指します。

プチ断食による食事制限では、摂取カロリーが大幅に減少するので、消費カロリーが摂取カロリーを簡単に上回る事ができます。

ただし、摂取カロリーを減らす事ばかり考え、無理な食事制限に走ってしまうと、体内が慢性的な酵素不足に陥り、基礎代謝量が下がってしまいます。基礎代謝量が下がってしまうと、消費カロリー量も下がりますので食事制限をするメリットがなくなってしまいますし、健康面から見ても良くありません。無理な食事制限はやめましょう。

プチ断食の注意点

先ほども書きましたが、プチ断食は一時的に摂取カロリーを大幅に減少させます。このプチ断食、摂取カロリーを抑える事により、筋肉量が下がる恐れがあります。

カタボリックと言われる現象で、ブドウ糖が不足した時に、筋肉に含まれるアミノ酸が分解され、それを原料にブドウ糖を補ってしまうのです。カタボリックが起きると、1時間に約8gの筋肉が分解されると言われています。残念ながら、プチ断食で筋肉が減少するのは避けられません。筋肉量の減少は基礎代謝量を落とす原因になり、消費カロリー量が結果的に少なくなってしまいます。

しかし、プチ断食では、腸内環境のリセットや、代謝酵素を増やすという他の効果によって増える代謝量の方が多いと言われていますので、安心して下さい。

ちなみに、プチ断食が終わった後、軽く筋トレをすると、逆に筋肉量を増やせるので、より代謝が上がります。余裕がある方は是非セットでトライしてみて下さい。