ダメ、絶対!消化酵素の無駄遣い!

体内で作られる潜在酵素には、食べ物を小さく分解し栄養として吸収できる状態にする消化酵素とその栄養をエネルギーとして体を動かす代謝酵素に分けられます。

近年の研究結果によると、潜在酵素の全体数は決まっていて、消化酵素をたくさん使うと代謝酵素が不足してしまうと言われています。代謝酵素が不足すると代謝が悪くなるので太りやすくなったり、皮膚のターンオーバーが乱れ肌トラブルを引き起こしたりします。免疫力も下がるので、風邪もひきやすくなったりと、デメリットばかりです。

ダイエットや美肌の為にも、消化酵素の無駄遣いを減らして、代謝酵素を増やしていきましょう。

消化酵素無駄遣いポイントをチェック!

深夜の食べ過ぎは最悪!

仕事や育児をしていると規則正しい生活を送るのが難しいですよね。生活リズムが決まっていないと、食事の時間も日によって様々です。

それでも、寝る前や深夜にがっつりしたものを食べるのはやめましょう。締めのラーメンなんてもってのほかです。

なぜなら、午後8時〜午前4時までは代謝酵素にとってのゴールデンタイムだからです。私達が寝ている間に代謝酵素は頑張って、その日摂った栄養分をエネルギーとして燃焼させています。

しかし、寝る前にがっつり食事をとってしまうと、潜在酵素の多くが消化酵素に振り分けられてしまい、代謝酵素が不足します。その結果、その日の栄養分を吸収し燃焼することができません。

そのうえ、その状態で眠ってしまうと、胃の中の消化酵素「ペプシン」と「アミラーゼ」は私達と一緒に眠ってしまいます。つまり、胃の中に食べ物を残したまま消化活動を休止してしまうのです。

そうなると、次の日に胃もたれとして自覚症状が出ます。それは前日の食べ物が消化不良を起こして胃の中に留まっている証拠です。

あの美味しかった締めのラーメンが、ギトギトに冷えて胃に一晩中引っ付いているんです。想像すればわかると思いますが、胃腸への負担は計り知れません。繰り返せば胃潰瘍、さらに胃がんの原因にもなってしまいます。

寝る前にどうしてもお腹がすいた時は、

  • 炭水化物はさけ、
  • 温かくて、
  • 消化にいいもの

を選びましょう。例えば、湯豆腐やおでん、おじやなどは夜食に適してます

胃潰瘍などの深刻な症状を引き起こす前に、夜遅くの食事は、大至急辞めましょう!

ケーキバイキングは代謝酵素の天敵!

ケーキやゼリー、ババロアが食べ放題のケーキバイキング…天国のようですよね。でも消化酵素にとっては酵素を総動員しても間に合わない、地獄の様な労働が待っているんです。

その理由は、ケーキの甘さにあります。ケーキやクッキーなどの洋菓子だけでなく、羊羹や落雁などの和菓子にもたっぷり使われているお砂糖、中でも、ショ糖、麦芽糖、乳糖、などの「二糖類」が消化酵素を苦しめます。

「二糖類」は単糖が2つくっついた形をしています。栄養として吸収するためにはまず単糖に分解しなければならず、その分解に消化酵素を大量消費してしまうのです。

甘いものが食べたくなった時は…

どうしても甘いものが食べたくなった時には、単糖類を取りましょう。単糖類は消化の前に分解する必要がないので、消化酵素を節約できます。

単糖類の主な例は

  • 果糖 (生の果物、濃縮還元でない100%ジュース)
  • ブドウ糖 (ラムネ、甘酒)
  • はちみつ

です。

甘酒は飲む点滴とも言われるくらい栄養豊富で美容効果もバツグンです。酵素もたっぷり入っていますので、オススメです。

甘酒を買うときの注意点

米麹で作られた砂糖未使用の甘酒を買いましょう。原材料欄をしっかりみてから買わないと、ケーキを我慢した意味がなくなっちゃいますよ!

食後の運動。良いの?悪いの?

ケーキをいっぱい食べてしまったり、夜中にとか食いしてしまった。そんな時、すぐに激しい運動をしたら、食べた分がエネルギーとして燃焼されるから問題ない…と思いますか?

絶対にやめてください。

急なエネルギー消費は酵素の無駄遣いですし、最悪、消化酵素の不足すら招いてしまい、食べたものが消化されないまま胃の中に留まってしまいます。それは胃に大きな負荷をかける行為です。

食べた後は、ゆっくり休んでください。

もしダイエットの為に運動をするなら、空腹時が効果的です。代謝酵素が増えると、基礎代謝量が増えるので少しの有酸素運動で体脂肪がぐんぐん燃焼されます。その為、代謝酵素がはたらきやすい空腹時に運動する事をお勧めしているのです。軽いストレッチ、ヨガ、水中ウォーキングなどの有酸素運動で蓄積されている体脂肪を燃焼させましょう。

運動後、すぐに食事をとると代謝酵素が増えている状態なので太りやすくなります。胃にエネルギー源を足してしまうと、代謝酵素は蓄積された脂肪の燃焼を止めて、新しい栄養を吸収し蓄積し始めてしまうからです。

運動後、少し落ち着いてから生野菜や酵素サプリメントを摂り、その後30分ほどたってから食事を取るのが理想的です。そうする事で今度は消化酵素がはたらく準備をし始め、効果的に栄養を吸収できます。

動物性たんぱく質+揚げ物=サイアク?

から揚げやとんかつ、ホルモン焼きなどは過剰な脂分を摂取する事になるので、大量の消化酵素を消費してしまいます。また、消化しきれなかった肉が動物性たんぱく質となり腸内に残り、体臭や便秘の原因になります。

しかし、肉や魚には野菜からは取れない栄養素も含まれていますので、たまには量を考えて食べましょう。また、お刺身やローストビーフなど、加熱されていない肉や魚には酵素も含まれていますので、揚げ物よりは積極的に摂っても良いと思います。

消化を助けるマル秘アイテム!

生のパイナップルには、肉の消化を助ける酵素がたくさん含まれています。ですので、焼肉やステーキを食べた後は、生のパイナップルか熱を加えてない生ジュースを飲みましょう。缶詰のパイナップルはシロップで煮てありますので、効果がありませんよ!

頼るべし、免疫力!鍛えるべし、免疫力!

風邪薬や頭痛薬、痛み止め…すぐに効くので、常に持ち歩いてる人も多いですよね。

しかし、薬に頼りすぎると、体力を低下させ、さらに免疫力も低下させてしまいます。昔に比べて、アトピーや喘息が増えたのも、薬や化学薬品の摂取量が増えたからではないかと言われています。

風邪を引くたび、頭が痛くなるたびに薬を飲むより、代謝酵素を増やし、免疫力を高めて強い体を作る方が健康的だと思います。

消化酵素を節約するには

  • 夜は特に胃腸に優しい食事をとる
  • 砂糖、加熱した動物性タンパク質の過剰摂取はNG
  • 適度な運動をする

以上3点を心がけて、免疫力を高め、ヘルシーで美しい体を手にいれましょう!