ダイエット成功に繋がる3つの鍵

突然ですが、私は154cmと平均より結構低めの身長なのが悩みです。身長が低いと、平均体重じゃどうしても足が太くなり、ぽっちゃり見えてしまいます。

そんな訳で、平均体重(52kg)だった半年前、ついに本気ダイエットを始めました。その結果なんと、最初の3ヶ月で7kg痩せその後4ヶ月間はずっと45kgをキープできています。ようやく手に入れた憧れの美容体重!!

今日はみなさんに私がダイエットに成功した3つのコツをご紹介したいと思います。

ダイエット成功の近道!3つの鍵

  • 食欲を制御する
  • プロの手を借りてモチベーションアップ
  • バスタイムも使って脂肪燃焼

私はこの3つを実践して、ダイエットに成功しました。

順番に見ていきましょう。

体の仕組みを知って食欲を制御しよう

脳を覚醒させて本当の食欲を知ろう

起床後すぐってなんだかお腹が空いている気がしませんか?実はそれってただ脳が寝惚けているだけなんです。特に、夕食をしっかり食べたなら、朝からお腹はぺこぺこになりません。

脳が寝惚けているせいで空腹だと感じる
その状態を俗に、偽腹やうそ腹と呼びます。

傷ついた胃腸の壁を細胞が修復しようと働いている状態の時に、寝惚けた脳が勘違いして、糖分が欲しいと指令を出してしまうのです。

つまり、起床後すぐの空腹は大抵の場合、偽物です。起床時にまず白湯を飲んで、脳を覚醒してあげると自分の本当の空腹具合を確認できると思います。

空腹時にはまず白湯を!

起床時に白湯を飲む事で、確かに朝の空腹は偽物だったなと私自身も実感し、そのおかげで、朝食前に30分間、軽い運動も出来るようになったのです!そして、運動後でも少ない量の食事で満腹になるようになりました。

夜よりも朝にたくさん食べると体に良いと言う人もいますが、朝からたくさん食べる人は食欲をコントロールできない人に多く、結果的に太っている人が多いです。

私の周りでも、朝なら大丈夫と、炭水化物をたっぷり食べたり、ケーキを朝ごはんがわりにする人がいますが、もれなくみんな太っていますよ。

私の定番あさごはん

朝ごはんを少な目にすると、1日の摂取カロリーもコントロールしやすいです。また、定番メニューを決めておくと、カロリー計算もしやすいし、作るのも楽なのでオススメです。

  • プレーンヨーグルト 40g
  • コーンフレーク(無糖) 10g
  • キウイ1つ または 林檎半分

ヨーグルトは整腸作用があるので、ダイエットや美容の強い味方です。全くエネルギー源を取らないのもよくないので、無糖のコーンフレークを少量ヨーグルトにかけて食べています。キウイは、酵素やビタミンが豊富に含まれているので毎日1つ食べています。ですが、たまに舌が荒れるので、そう言う時はりんごを半分食べています。

食べ物にも門限があるの!?

洋菓子や和菓子など、砂糖(ショ糖)を多く含む食品や脂っこい食べ物を食べるのは、午後3時までにしましょう。なぜなら消化酵素が活発に働く時間が午後3時までと言われているからです。それ以降に食べると、だらだら残業させられている時のように、効率が落ち消化不良を起こしやすくなるので胃腸に負担がかかります。

また、よるごはんは早めに済ませましょう。午後8時から、午前4時までは代謝酵素にとってのゴールデンタイムなので、代謝活動が活発化します。ですから、遅くても7時までには夕食をとり、消化を始め、ゴールデンタイムには代謝酵素を増やせるようにしましょう。

綺麗なモデルや女優さんの多くは、夜の6時以降は一切食べないと言います。口に入れるのは白湯だけだそうです。

小腹がすいている状態でお布団に入れたら、その日のダイエットをがんばった証拠です。自分の事を褒めてあげながら、眠りにつきましょう。

ご褒美デーを作る

ダイエットで無理をすると挫折しやすくなります。続かない努力では意味がありません。適度に息抜きをしてストレスを発散させましょう。

私の場合、月1でマクドナルドの新メニューを食べる事をご褒美に頑張っていました。本当は夜御飯として食べたいのですが、お昼に食べるなら門限的にはOKだし…と言う事で自分に許可していました(笑)

この門限を守る事で、月1でファストフードをがっつり食べても、体重は全く増えませんでした。

あとは、残業が辛い時には少しお高い米麹の甘酒をご褒美として飲んでいました。

残業なので、門限は過ぎてましたが、米麹の甘酒は食物酵素がたっぷりで、その上消化もしやすいので、たまになら目を瞑っても良いでしょう。

やっぱりすごい!ゴッドハンド!

食欲をコントロールできるようになってきたら、モチベーションをアップさせるためにも、奥の手を使っちゃいましょう!

私は小顔エステに行きました。ウエストや二の腕は、自力でも細く絞れますが、小顔になるのはなかなか難しいからです。

コルギいう整体の一種のようなものに行きました。頭皮マッサージや、ツボ押しで頭蓋骨の歪みや骨盤の歪みを矯正してくれます。骨盤の歪みは、背骨を通じて頭蓋骨や顔のリンパに影響を与えます。

1度の施術だけでも、かなり顔のむくみがとれすっきりしました。むしろ、こんなにむくんでいたのかと少し悲しくなるほど効果的でした。

顔が痩せると、友人からも「痩せた?」とか「なんか綺麗になったね!」と言われる回数が増えたので、ダイエットをもっと頑張って綺麗になろう!とモチベーションが上がりました。

お風呂でだってダイエット!

私は毎日できるだけ「3分間入浴法」というのを実践しています。

  1. 3分間湯船につかります。
  2. 上がって3分間で洗える分だけ、体を洗います。
  3. また3分間湯船につかります。

これを3回繰り返します。

お風呂を上がる頃には、サウナ帰りのように汗だくになり、身体もポカポカです。

そして、お風呂から上がったら、身体が暖かいうちにストレッチを行います。

私のオススメストレッチ法も紹介しますね。

  1. 腕を頭の上で組んで仰向けに寝転び、両足を揃えて上げます。
  2. 息を吐きながら足をゆっくり下げていき、床から15cmくらいのところで20秒間足をキープさせます。
  3. これを10回くらい繰り返します。

毎日続けると、結構下腹に効き、くっきりしたくびれがゲットできますよ!

まとめ

  • 白湯・門限・ご褒美で食欲をコントロール!
  • 小顔エステでモチベーションアップ!
  • お風呂で代謝もアップ!

みなさんも実践してみてくださいね!