あなたの年代に酵素は必要?年代別酵素との付き合い方

酵素について興味はあるけど、何が良いかよく分からないから手を出せていない人もいるかと思います。

ドリンク、サプリなど種類も豊富にあるので迷ってしまいますよね。

実は年代によって体内の酵素の状態が違うって知っていました?

私の年代はどうなんだろう?と気になったあなたのために
年代別に酵素の効果がどう変化していくのか、ご紹介していきたいと思います。

10代のあなた サプリは必要なし

酵素は体内で消化酵素と代謝酵素とが生成されるのですが、10代ではまだ自分の体で作られる酵素だけで十分に足りていると考えられています。

特に意識して酵素を摂る必要はありませんが、不規則な生活や偏った食生活では酵素も十分に作られませんので、心当たりのある人は生活習慣を見直してみましょう。酵素は睡眠中に作られているので、夜更かしも大敵ですから気をつけてくださいね。

20代のあなた まだ大丈夫だけど… 

年齢と共に酵素が作られる能力は低下していきますが、20代は作られる酵素の量がピークを迎えるので、まだ積極的に酵素を摂り入れなくても大丈夫な年代であると言えます。

しかし、20代は仕事もプライベートも忙しくなる年代でもありますよね。

1人暮らしが始まったり、自由になることが増える分、10代の頃よりもが偏った食生活や暴飲暴食、お酒の飲みすぎで消化器官への負担が増えていたり、睡眠不足や運動不足で代謝が悪くなってしまったり、心当たりのある人も多いのではないでしょうか。

20代では、まだ体も若いので自分の体への意識もあまり高くない人もいると思います。

まだ大丈夫でしょうと、不規則な生活を送ったままでいると20代とはいえ、酵素不足になることは十分に考えられるのです。

なんだか化粧ノリが悪いなぁとか、疲れやすいなんてことが気になり始めていたら、もしかしたら体からのサインが出始めているのかもしれませんよ。

まだ20代だから大丈夫と油断せず、生活習慣を見直すと共に、食事などから酵素を摂り入れる習慣を作れるといいですね。

もし野菜や果物だけで酵素を摂取するとしたら
1日に野菜で350g、果物で200gも必要と言われています。意識的に野菜や果物を食べていない人にはとても多く感じる量ですよね。野菜や果物は用意するのに時間もかかるので、忙しい毎日を送っている人には難しいことかもしれません。

そんな方は酵素サプリなどを利用してみるのもいいかもしれませんね。

まだ酵素の量は少なくなっていませんが、忙しくて不規則な生活が続いてしまっている時には、サプリなどをうまく利用して酵素の量が減らないように維持していきましょう。

もちろん不規則な生活を見直すことを忘れないでくださいね。

30代のあなた 体の変化おきていませんか?

10代や20代の頃に比べて、痩せにくくなったなぁ・・・

なんて実感されている人も多いのではないでしょうか。

ダイエットに苦戦している原因のひとつに実は酵素が関係しているとも言われているんです。

酵素を作る能力は20代をピークにあとは年齢と共に低下していくとされています。

体内の酵素は潜在酵素から作られるのですが、消化酵素から優先的に作られていく特徴があります。そのため相対的に代謝酵素が作られる量が減ってしまうのです。代謝酵素が減ると、基礎代謝も低下していきます。

20代までよりも意識的に運動をするなど代謝を上げることが必要になってくるのですね。

酵素を摂り入れる食生活(生野菜や果物を摂る)やなるべく運動を定期的に行うなど、一度生活習慣を見直してみるのもいいかもしれません。

いきなり変えるのは難しい人もいると思いますので、食事で摂り切れなかった分はサプリに頼ってみたり、エスカレーターやエレベーターではなく階段を使ったり、つま先立ちで歯磨きをするなど簡単に始められることから摂り入れてみてはいかがでしょうか?

40代のあなた いよいよ対策が必要?!

40代からは更に体で作られる酵素が減ってくるとされています。

ピークを迎えた20代の頃と比較して50%にまで減ってしまうと言われているんです。

30代でも体の変化を感じていたのに、これ以上代謝が悪くなるの?

と不安になる人もいるかと思います。

確かに体で作られる能力は低下していきますが、うまく酵素を摂り入れるとともに、酵素の無駄遣いを減らすなど、できる対策はたくさんあります。

野菜や果物を積極的にとるようにして体内で作られる消化酵素の量が少なくて済むようにすれば、代謝酵素の量の減少をおさえられると考えられています。

また食べ過ぎたり、消化に悪いものばかり食べると消化酵素がたくさん消費されてしまうので、消化に良いものを食べたり、適度な食事量を守ることも大切です。

そしてただ食事にだけ注意をするのではなく、適度な運動をして代謝効率のいい体作りをすることも重要になります。栄養が十分でも、しっかり代謝できなければ意味がありません。
車もガソリンがしっかり入っていても、エンジンがかからないと車は進みませんし、ボロボロの車ではたくさん走れないのでガソリンも消費されません。たくさん動ける筋肉を蓄えてエネルギーをしっかり消費することも大切になります。

日常生活で代謝改善
筋肉を蓄えるといってもジムなどで鍛えるということではなく、日常の生活で意識をするだけでも代謝を上げることはできます。いつもより丁寧に家事をしてみたり、自転車や車を使う代わりに歩いて買い物に行ったりなど、生活の中に運動機会を取り入れて継続していけるようにしましょうね。

生活習慣を見直して健康で美しい体を手に入れよう

年齢別の酵素の特徴についてご紹介してきました。

どの年代にも共通していることは、食生活を含めた生活習慣を見直すことです。

体内で作られる酵素が十分でも、食事や酵素サプリで十分に酵素を摂取していても、不規則な生活をしていては意味がありません。

バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠を心がけて、今の体で酵素がしっかり作れるようにすることと、酵素を効率よく使えるようにすることが大切です。

あなたの生活習慣で気になるところがあったら、ひとつずつでいいので見直して、良い習慣に変えていけるといいですね。